日本にもあった、ジャパニーズスーパーフード

subpage1

スーパーフードとは、「栄養バランスに優れ一般的な食品よりも栄養価の高い食品であること。


または、一部の栄養、健康成分が突出して多く含まれる食品であること」「一般的な食品とサプリメントの中間にくるような存在で、料理の食材としての用途と健康食品としての用途を合わせ持つ」と定義されています。

1980年代頃、アメリカなどで食事療法の研究者たちが有効成分を突出して含む食品のことをスーパーフードと呼んでいたのが始まりと言われています。


キヌアやチアシード、スピルリナなど日本では馴染みのなかった食材がスーパなどで並び、少し高級なイメージがあるスーパーフードですが、日本の身近な食品の中にもあります。

日本の伝統的な食品を4つに分類し、以下のものがジャパニーズスーパーフードと言われています。一つ目は発酵食品です。

納豆、味噌、醤油、甘酒など日本には様々な発酵食品が存在します。
納豆には動脈硬化を防ぐナットウキナーゼという酵素や食物繊維など体に良い成分が豊富です。

今、話題のOKWaveついて詳しく説明しているサイトです。

二つ目は、茶類です。

抹茶、緑茶など昔から日本人にとって欠かすことのできない食品は体にとっても大切な食品なのです。三つ目は海藻類です。
のり、ひじき、昆布、寒天など簡単に手に入る食品が含まれます。

最後は伝統自然食品です。


梅干し、生姜、玄米、枝豆などがあります。


梅干しには疲労回復効果や殺菌効果のあるクエン酸が含まれる優秀な食品です。

これだけは知っておきたいスーパーフードにおける問題への理解促進お手伝いする情報サイトです。

このように私たちの身近にも、すぐ手に入れることができる多くのスーパーフードが存在しているのです。