スーパーフードについて

subpage1

近年、ココナッツオイルやスピルリナ、チアシードやキアヌ、えごま油と呼ばれるこれまで聞きなれなかった食品が店に並べられているのを見るようになりました。
健康に良いということで、テレビや雑誌などでも、しょっちゅう取り上げられており、大人気です。
これらの食品は、栄養があり健康に良いことから、世界中で「スーパーフード」と呼ばれています。スーパーフードは、専門家の間で有効成分を突出して多く含む食品を指しており、最初は2000年頃からアメリカで広まりました。


日本でも2010年代頃から知られるようになり、取り入れられるようになりました。

人気が高まる一方、定義や基準があいまいな状態です。日本スーパーフード協会では、栄養バランスに優れて一般食品より栄養価が高いこと。


あるいは、ある一部の栄養健康成分が突出して多く含まれる食品であること。一般的な食品とサプリメントの中間にくるような存在で料理の食材としても使用できることという基準で定められています。現在、約50種類の食べ物が認められていますが、今後どんどん増えるとされています。

教えて!goo情報探しならこちらをご確認下さい。

食べ物によっても熱に弱いものや、最適な調理方法があるので、食する際は、注意が必要です。
急激に人気を集めるようになったスーパーフードはたくさん出回っており、中には品質が良くないものも出回っています。



成分量や出している会社、代表的な機関が認定しているものなどを選ぶようにすることが重要です。

スピルリナのいろいろな情報を集めました。